Counter107198

お知らせ

下記、新着情報(記事のタイトルリスト)はメニューの「政治・経済」のみといたします。「生活・健康」「PC・スマホ」は当分休止します。
 

新着情報

 
米朝会談と中東危機05/16 17:05
地域市民団体・茶話会での話題05/08 21:46
健康格差と貧困率05/02 13:22
通貨のレジュームチェンジが急速に進む04/26 16:21
生産量より幸福量(GNPとGNH)、関係性重視とは?04/19 12:20
「俺はまだ生きてる!死んでない!」 04/10 17:50
これ程「理路整然とした怒り」に触れたのは初めてだ04/03 20:47
激変の世界をどう生きるか03/28 18:00
ニューロチップを人間の脳と同列視するナンセンス03/21 23:11
森友問題:改ざんと隠蔽工作との微妙な関係03/14 10:30
人とのつながりが寿命を延ばす03/07 15:41
深刻な少子高齢化問題から目をそらす日本の政財界02/28 21:35
ブロックチェーンは社会を変えるか(その四)02/21 20:19
ブロックチェーンは社会を変えるか?(その三)02/12 16:00
世界的景気悪化の兆候02/06 18:59
ブロックチェーンは社会を変えるか?(その二)02/01 22:22
ブロックチェーンは社会を変えるか?(その一)01/25 17:41
「日銀の国債保有率が2018年には50%を超え」のリスク01/16 13:30
「傲慢」は精神の病、組織の危機01/04 00:06
2017年は「人間性破壊の一年」だった12/27 23:17
ビットコイン&ブロックチェーンを使った暗号通貨化12/20 20:25
立憲主義的改憲論12/15 10:44
経済予測は何故外れるのか?そのカギはVIX指数にある12/07 20:37
「ニューロコンピュータ」の現実と「脳科学」11/29 21:04
安倍改憲案の落とし穴11/23 19:45
世界の覇権の変動・多極化は必ずやってくる11/16 20:31
複雑系理論と大域的アトラクター11/08 20:11
多様化・複雑化してきた政治・経済・社会の現状を正視でき...11/02 12:20
「緊急事態条項」と立憲主義10/25 20:55
ヘリコプターマネーの脅威10/18 20:37
日本国憲法と国連憲章10/11 17:45
平和でなければ2025年危機は避けられない10/06 21:30
敗退した「平和主義は理想論」との主張09/30 11:15
福島第1デブリ溶け床浸食 東電など推定分布図公表09/22 23:46
日銀は日本経済に金をばらまく「打出の小槌」ではない09/15 12:12
日本の公的債務はついにGDPの250%に達した09/11 11:36
山尾議員&倉持弁護士の事件の焦点09/08 10:42
国連の「核兵器禁止条約」は国際政治の主役を変える08/31 12:04
加計・森友問題で国家権力の私物化!崖っぷちの安倍政権!08/25 14:30
森友加計問題のまとめと今後の動向08/18 10:44
森村誠一さんの原点08/15 08:17
戦争体験記「子どもは防空の足手まとい」08/13 12:54
7月7日、国連で核兵器禁止条約が採択された。対米従属は...08/06 17:34
支持率急落の主因は「首相が信頼できない」と云う民意にある08/03 16:32
「深く反省」など微塵もない!07/25 16:30
加計学園に関する衆院予算委員会での集中審議の焦点:原点...07/18 16:00
加計学園問題について、首相出席のもとで行われる予算委員...07/14 16:54
「失地挽回の経済政策」は財政破綻につながる07/07 20:33
ホロコースト記念博物館見学は何だったのか?06/29 12:12
見える透明性と見えない透明性06/23 21:06
新着情報
 
スマート化とスマートウオッチ10/14 17:11
スマートフォンやスマートウオッチのように頭に「スマート」が付く言葉をよく聞くようになりました。スマートには「賢い」と云う意味があり、「進化した」と云うことを表現しています。 これと合わせて「IoT」と云う単語もよく耳にします。あらゆる...
スマホしか使えない世代が増えている>PC離れ08/12 15:36
ダイヤモンド・オンラインに次のような記事が掲載された 「最近の新入社員の中に、パソコンを使えない社員が混じっている」  と、苦笑まじりにある人事部の知人が話をしてくれた。大学時代を通じてスマホしか使ったことがない新世代(?)の社会人...
電池の持ちは通信容量より重要06/16 18:49
前回、iPhne6からASUSのZenFoneMaxに乗り換えたことを報告しました。その最大の理由は、電池の持ちです。iPhone6Sでは、ライトユーザーでも1日持たないと云う欠陥がありました。 月間15Gの通信量の契約でも1日持たな...
スマホ料金大幅ダウン06/14 17:02
Phne6からASUSのZenFoneMaxに乗り換えた。 いきなりですが、月額料金が半分以下になったのでその方法をご紹介する。 BiglobeのSIMとZenFoneMaxのセットで月額は次の通り。 機器本体価格月割:1100円 音...
スマートフォン契約の落とし穴06/14 16:57
所謂ガラケーと呼ばれる従来型携帯電話が影をひそめ、新規契約は殆どスマホへと誘導される現実です。携帯電話会社は業界を挙げてその戦略を推進しています。 ところがそこにはとんでもない落とし穴が用意されているのです。どんな落とし穴か逐一ご...
日誌
PC・スマホ
2016/10/14

スマート化とスマートウオッチ

Tweet ThisSend to Facebook | by sk300


スマートフォンやスマートウオッチのように頭に「スマート」が付く言葉をよく聞くようになりました。スマートには「賢い」と云う意味があり、「進化した」と云うことを表現しています。
これと合わせて「IoT」と云う単語もよく耳にします。あらゆる物がインターネットにつながることを示す言葉です。更に、「ビッグデーター」も関連する言葉です。

最近、Amazonにスマートウオッチを注文しました。午前中11時ころネット上で注文したのですが、なんと夕刻20時ころに配送されました。これには秘策があるようです。

私がスマートウオッチについて商品選択のため数十回も検索を重ねておりました。それとは別に興味を引く本の検索も度々長期にわたって行っております。Amazonは私の趣味趣向を完全に把握しているのでしょう。更に膨大な商品群の中から地域別に人気商品を「ビッグデーター」を活用してわり出しているようです。

こうして個人の趣味趣向とビッグデーターを結びつけ「この人はいずれこの商品を買うだろう」と云う推計を出しているのです。更に進んでこの推計を使って予め私の住所の近くの配送センターに在庫しているのです。これが超特急で配送された秘密です。

前置きはこれくらいにして、今回はスマートウオッチについてご報告します。スマートウオッチとは健康・運動を管理する時計型デバイスのことです。広義で言えばスマートペンダントもこの仲間に入るでしょう。賢い、進化した、多機能の時計と云うのが文字通りの解釈です。

私が購入決定したものは「ASUSのVivoWatch」です。センサーは3軸加速度センサー、光学式心拍センサー、UVセンサーを搭載し、心拍数、歩数、消費カロリー、紫外線量の測定に加え、就寝中の心拍数や睡眠時間を測定することができる。その他に「Happines Index」(幸福度指数)なる数値を測定する機能も搭載。
装着者の運動量や睡眠の質などを参考に算出し、健康的な生活の指標を把握することができる。
アプリはAndroid / iOS用のコンパニオンアプリ HiVivo for ASUS Vivo Watchでスマートフォンと連携し、着信や通知などを確認できる。

国産品もありますが、国産は最近出始めた物が多く出遅れは否めません。今のところ外国製のほうがはるかに性能が良く進化しています。しかし残念ながら外国製は説明書が日本語でなくアフタサービスも不十分なので購入については注意が必要です。もう一つ選択条件として重要なのは電池のもちです。殆どの製品は1日~2日しかもちません。リチュウム電池が使われていますが、これだけ頻繁に充電しなければならないと実用的ではありません。更に充電方法にも注目しなければなりません。USBケーブルで充電するのですがUSB端子を直接差し込むもの、クレードル接続、マグネット式接続があります。この内、差し込み式は絶対避けるべきです。耐水性が悪いのと充電の手間がかかりすぎることなどデメリットが大きいです。少なくともクレードル接続を選ぶべきです。

ASUSのVivoWatchは上記の機能のほか、ネットで詳細な日本語説明書がダウンロードできること、専用のサービス窓口があること、電池のもちが少なくとも一週間はいけること、充電はクレードル接続など私の選択条件を満たしておりました。時計機能も充分実用的です。価格は15000円台でした。一万円以下の製品もありますが条件に合うものは皆無でした。

購入後、一週間ほど使用しておりますが、実用上殆ど選択条件を満足しております。睡眠の質のチェック、エクササイズの強度測定、スマホの電話・SNSの受信報知など大変便利に使っております。Amazonでのおすすめ度、星5つです。

17:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/08/12

スマホしか使えない世代が増えている>PC離れ

Tweet ThisSend to Facebook | by sk300
ダイヤモンド・オンラインに次のような記事が掲載された

「最近の新入社員の中に、パソコンを使えない社員が混じっている」
 と、苦笑まじりにある人事部の知人が話をしてくれた。大学時代を通じてスマホしか使ったことがない新世代(?)の社会人が職場に進出してきたという話だ。

「彼らは大学時代のレポートとかどうしたのだろうか」と思うのだが、別にどうにでもなるらしい。とにかく入力はスマホの方が速いというか、パソコンのキーボードは基本的に打てない。そんな新入社員は確かにいる。

それで何が困るのか。現在、多くの企業の中では業務がパソコンをベースに設計されているため、営業報告や情報閲覧、各種申請などパソコンが使えないと仕事が回らない。業務メールをGmailに飛ばしてスマホで打つという社員が出てくると、これは会社の機密度にもよるのだが、「それでは困る」という会社も出てくる。

スマホ世代ばかりの新興国でキーボード入力は時代遅れに
日本国内では同じ不満を工場の若手工員は感じていたそうだが、声が小さくて上には伝わらなかったようだ。ところがアジアの顧客の場合は、ロボットを使う工場の上の方の人間や、本社の購買意思決定者も、最初からスマホ世代という国が少なくない。アジアの変化に日本の本社のキーボード世代のおじさんたちがついていけなかった結果、シェアを落とすという、一風変わった業績悪化が起きたのだ。

デスク上のパソコンは邪魔物に、すべての業務がスマホになる日
入力インターフェースが進化した場合、変化に取り残されるのは、実際のところ若者ではなく中高年だ。
あんな大きな物体に机を占領させておくよりも、業務はスマホで十分だということに気づき、会社の仕組みは今よりもずっとスマートなものに変化するだろう。

この記事が気になった折も折、ASUS のデスクトップ VivoMini UNシリーズが発売された。大きさはわずか13.1 x 13.1 cm x 4~5cmの手の平サイズ、これで一人前のデスクトップコンピュータの性能を持っている。マウス・キーボードは付属しているが液晶ディスプレイは付属していない。その代わりにスマートフォンやタブレットと繋がるソフトウエアが付いている。

これ正にスマホ・タブレットとPCの結合だ。「最近の新入社員の中に、パソコンを使えない社員」この問題に気づいたからの製品化かどうかはわからないが、面白い現象ではないか。

15:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/16

電池の持ちは通信容量より重要

Tweet ThisSend to Facebook | by sk300

前回、iPhne6からASUSのZenFoneMaxに乗り換えたことを報告しました。その最大の理由は、電池の持ちです。iPhone6Sでは、ライトユーザーでも1日持たないと云う欠陥がありました。
月間15Gの通信量の契約でも1日持たないのでは全く意味がありません。
電池容量はiPhone6Sで1715mA/H。私のように自宅でFiFiルーターで使う場合は、外出先でいくら使っても5日は持ちます。待機時間は30日と言う驚異的持ち時間です。これにより電池の寿命はiPhone6Sの2倍以上となります。(電池寿命は主に充電回数によって左右されます)専用電池は結構高価です。

主な仕様
Android 5.0.2 / Qualcomm® Snapdragon410
5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト) Corning® Gorilla® Glass 4 アンチフィンガープリント フルラミネーションディスプレイ
メモリー:2GB / 内蔵ストレージ:16GB
解像度:1,280×720ドット (HD) 、Webカメラ:1,300万画素 (アウトカメラ) (レーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュ)/ 500万画素(インカメラ)
IEEE802.11b/g/n / Bluetooth® 4.1 /バッテリー容量:5,000mAh

18:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/14

スマホ料金大幅ダウン

Tweet ThisSend to Facebook | by sk300
Phne6からASUSのZenFoneMaxに乗り換えた。
いきなりですが、月額料金が半分以下になったのでその方法をご紹介する。
BiglobeのSIMとZenFoneMaxのセットで月額は次の通り。
機器本体価格月割:1100円
音声通話エントリープラン:1400円
ベーシックコース:202円
月額合計:2752円(税別・24ヶ月契約)
この他「価格COM」のキャンペーン(5月14日までですでに終了)を使ったので、キャッシュバック6000円、月額さらに24ヶ月間250円引き。

SIMとは何か?ドコモやAU・ソフトバンクなどとの契約でなくSIMフリーの機器に挿入して使う。
欠点としては自分でセットアップしなければならないこと。

iPhone6はソフマップで最大32000円(今回は2年使用済みなので28000円)で買い取り成立。ダブルのメリットでこんなうまい話はないということ。

ZenFoneMaxはなんと5000mAの電池容量で待機時間は38日に及ぶ。重量は多少重いが電池の持ちの良さは圧倒的。
面倒くさい初期設定が終わったので、次回までに使用結果を報告する。


17:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/14

スマートフォン契約の落とし穴

Tweet ThisSend to Facebook | by sk300
所謂ガラケーと呼ばれる従来型携帯電話が影をひそめ、新規契約は殆どスマホへと誘導される現実です。携帯電話会社は業界を挙げてその戦略を推進しています。

ところがそこにはとんでもない落とし穴が用意されているのです。どんな落とし穴か逐一ご紹介しましょう。

1.新規購入・機種乗り換え・他社からの乗り換えなどそれぞれ複雑なキャンペーンが実施されています。その情報は殆ど一方的な宣伝で詳しく確かめていくと理解しがたい複雑な条件が存在するのです。契約後その詐欺的な条件に悩まされることになります。キャーンペーンの優遇条件に魅了され、うっかり契約しようものなら、月々の負担金額がベラボーなことに気づき、後の祭りです。2年間は事実上解約できません。

2.こんなことにならないよう事前にサービス窓口に確認をしようと思い電話すると気の遠くなるようなトラップをくぐりやっとたどり着いたと思ったら散々待たされ、しかも満足の行く回答は殆ど期待できません。「お待ち下さい専門の担当に聞いてまいります」はまだましの方で、明らかに担当者さえ答えられないどころか間違った回答が平然と行われるのです。

3.こんな手間は忙しい人にはほとんど不可能です。一番注意が必要なのは「バケットの契約」ですインターネット利用をすることがスマホを利用する最大の目的ですが通信料金がどんどんかかって支払い時にびっくりするのです。従って「使い放題」の契約をする羽目になります。使い放題でも上限があり普通5メガの契約をさせられます。これだけで月額6~7千円になるでしょう。しかも特に注意しなければならない点は今いくらバケット料金がかかっているかが全く分からないのです。(AUはいつでも確認できるようになっています、その上超過しても通信速度が落ちるだけです)私の経験ではソフトバンクは請求が来るまで分かりませんでした。怖くて使えませんでした。

4.バケット通信契約は動画をみないなら2ギガで十分です。いくらインターネット検索をしてもメールをしょっちゅうチェックしても1ギガはいきませんでした。AUで2ギガの契約が最適です。(2ギガ以下の契約はありませんが)

以上はほんの一部をご披露したにすぎませんが、はっきり言って携帯電話会社は詐欺的です。お気をつけ下さい。契約時は騙されないよう徹底的に吟味しましょう。納得いくまで絶対に契約しないことです。

16:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)