itoyo のすべての投稿

「シンデミック」の悲劇を断ち切ろう

WHO-画像より

小泉政権以来、グローバリズムと並行して政権の基本政策となってきた新自由主義が今回のコロナショックでいよいよ見直さざるを得ない状況となってきました。

つまりコロナ禍で新自由主義の弊害が表面化してきたのです。コロナがその弊害を浮き彫りにしたと云っても間違いではないでしょう。

云うまでもないことですが念のためにその結果を確認をしておきます。

1. 弱肉強食の世界が拡大したこと

2. 強い企業がもうかれば下にその儲けが滴り落ちて来ると云う「トリクルダウン」の幻想が破綻した

3. 格差が拡大し非正規労働が4割を占めるに至り実質賃金が長期にわたり低下した

4. 「改革」の名のもとに民営化が進められ新しい利権が生まれ、社会的ひずみが生じた

5. 縦割りの弊害で、国民の叡知を生かす事が出来ず新事業や新開発が遅れた

6. 大都市集中が極端に進み、地方の切り捨て、地方経済のひっ迫を招いた

以上の社会的ひずみは新型コロナウイルスの感染爆発と重なりますます増幅されました。
国連開発計画(UNDP)の報告がその状況を克明に記しております。
要点のみ下記します。

● パンデミックの結果、世界は10兆ドルの損失を負うことになる

● 発展途上国の被害は特に深刻で労働人口の半分が職を失う

● 世界の一人当たり所得が4%失われる

● 食料危機と医療崩壊が途上国を襲う

皆さんは「シンデミック」と云う言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

「いまわたしたちが直面しているのはシンデミック(複数の感染症の組み合わせによる複合的な影響)です」と、コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院疫学部教授のチャールズ・ブラナスは語っています。さらに「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行と並んで人種的な不平等が蔓延しており、ふたつの問題が一体化したことで米国の問題が非常に深刻化しています」と付け加えています。

つまり、言葉の本来の意味は、2つの感染症が重なって深刻な事態を招くことを云うのですが、コロナ禍ではCOVID-19の流行に重ねて経済恐慌などの社会的・政治的・文化的・精神的影響が浮き彫りになる事を指摘するのにこの言葉を用いるのです。

UNDPの報告は正に「シンデミック」の指摘に相当します。


次に日本の国内に目を移して問題点を探ります。

経済の理解が乏しい現政権はコロナ対策と経済対策が両立するとの幻想にとらわれ有効な対策を打ち出しておりません。つまり既に使い古した「新自由主義」をこの期に及んで振りかざし強引に突破しようとしています。竹中平蔵、デビッド・アトキンソンの両氏など新自由主義の先導役を抱え込み改革の名のもと格差拡大路線に突き進む姿勢をあらわにしてきているのす。

こんな状況下で、コロナ対策の実効性に関係なく五輪を強行する強い意志が感じられます。感染症対策の常識から云えば、各種GoTo施策や外国人の出入国緩和などは徹底したPCR検査を前提とし陽性者を厳密に隔離するのが当然の行動ですが、この世界の常識を無視する態度は断じて許されません。

検査の精度を勝手に7割と前提し、それを理由に検査は万能ではないとする暴論が跋扈しています。検査方法の違いを意識的に無視して、精度の悪い抗原検査や精度の悪いPCR検査などを引き合いに出して結論を誘導するなどもっての他です。精度の高いPCR検査器の自動機や精度の高い試薬が容易に手に入ることは今や当たり前で、少なくとも90%の精度は保証できる環境が目の前にあるのです。

やるべきことをやらないでコロナ対策と経済対策が両立するはずはありません。あと5~6か月で結果責任が厳しく問われることになるでしょう。格差の拡大下でコロナ対策に失敗することこそ「シンデミック」の悲劇なのです。

イタリアで深刻なコロナ禍に直面し、精神が荒廃した状況に苦しみ、デカメロン運動などで文化の再興に尽くし、外国人で異例の表彰をうけた内田洋子氏の報告などが参考になります。


野党の結束はうまくいっているように見えますが、足らないのはコロナ対策と新自由主義の徹底的批判です。
小沢一郎、海江田万里の両氏が五輪委員会の顧問になっていたり、消費税減税が野党と統一のメインテーマになっていたり、もっとやることがあるだろうと残念な点はありますが、枝野代表が2年間限定と云っていることは評価します。

以下は、コロナ後の社会設計として「ベーシックサービス」で持続可能な社会を提唱する井出英作教授の動画です。社会的サービスの無償化で「公助・共助・自助」と、新自由主義の考えをひっくり返す政策を提案する画期的な主張が展開されています。特に動画の後半に注目いただきたいと思います。
財政学者・ 井手英策さん(慶應義塾大学経済学部教授)


新型コロナウイルス、グリア細胞の深い関与

25日の東京新聞に次の記事が掲載されました。見出し:「後遺症かな?」続く不安 。

新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、回復して陰性となった後も体調不良を訴える人がいる。倦怠感や息切れ、関節痛、神経疾患、抜け毛等。国内で幅広い症例が取り沙汰されている中、厚生労働省は8月から実態調査に乗り出している。

関連して米有力紙JAMAに掲載されたイタリアの調査によると、回復した143人のうち87%が発症から平均60日を経ても何らかの不調を訴えた。症状別では倦怠感、呼吸困難、関節痛の順に多い。味覚障害も一割に及ぶ。

世界保健機構(WHO)は8月、「呼吸器だけでなく心血管や末梢神経への後遺症も報告されている」と指摘。各国に継続的な追跡と支援を求めている。

以上の報道から、COVID-19の症状は季節性のインフルエンザでは殆ど見られない特異性を持っていることに気付かれるでしょう。
特に気になったのはWHOの「呼吸器だけでなく心血管や末梢神経への後遺症も報告されている」との警告です。

R・ダグラス・フィールズの著作「もう一つの脳」を読むと、ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」が新型コロナウイルスに関与しているのではないかと云う推測がいよいよ深まってきました。グリア細胞についてはこのサイトのトップメニュー「脳科学」の「腸に生きる微生物の役割」に詳細な記述がありますので参照していただきたいと思います。

「もう一つの脳」の一節から、グリアが新型コロナウイルスに深く関与する理由が分かるのではないかと思いご紹介致します。

神経系のどんな症状でも、グリアはその病気と治癒の中心にいる。グリアが神経の活性やその窮状を感知する能力に加え、ニューロンに著しく有益な、あるいは有害な変化をもたらす能力を持っていることに照らせば、グリアは原則として、病気のときばかりでなく、いつでも脳機能を調節している可能性が高い。

だとすれば、グリアの異常が原因で、ある種の精神疾患が生ずる可能性はないだろうか?「もう一つの脳」が心を狂気に向かわせることはあるのか?さらには、精神疾患の治療にグリアを役立てることはできるだろうか?

この疑問に次のように答える。脳機能におけるグリアの重要性を示す決定的な証拠は、エイズ患者にみられる脳の荒廃ぶりだけで十分だ。あらゆるウイルスと同様、HIVが侵入できるのは、細胞膜上に適切な種類のタンパク質を有する細胞だけだ。

HIVウイルスは、その特定のタンパク質に結合して、細胞膜をすり抜ける。細胞内部に侵入するとすぐに、細胞核にあるDNA合成機構の制御をハイジャックして、人質に取った細胞を、大量のHIVウイルスを新たに産生するための工場に変えてしまう。こうしてできた新しいウイルスは、その細胞から飛びだして、連鎖反応で爆発的に他の細胞へ感染を繰り返しながら、全身に拡がっていく。(この辺りは新型コロナウイルスと全く同じで、最も注目すべき情報です)

ところがニューロンは、HIVウイルスが結合するために必要なたんぱく質受容体を持っていない。従って、HIVウイルスはニューロンに感染することはできない。HIVウイルスを細胞に引き付ける磁石の役目をするタンパク質、CD4を仲介する役割を果たすのは正にグリアなのだ。

もう一度「グリアの異常が原因で、ある種の精神疾患が生ずる可能性はないだろうか?”もう一つの脳”が心を狂気に向かわせることはあるのか?さらには、精神疾患の治療にグリアを役立てることはできるだろうか?」と云う疑問に戻れば、HIVが新型コロナウイルスと同類のウイルスだとすれば明らかに同じ回答になる筈です。

グリア細胞の働きについては、このサイトのトップメニュー「脳科学」の「腸に生きる微生物の役割」をご覧ください。


神経伝達物質について

以下、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトを掲載します。「ドーパミン」の解説文の中で麻薬の効果をことさらにPRするような件がありますので?です。

セロトニン(せろとにん)/ serotonin /:

脳内の神経伝達物質のひとつで、ドパミン・ノルアドレナリンを制御し精神を安定させる働きをします。

必須アミノ酸トリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質のひとつです。視床下部や大脳基底核・延髄の縫線核などに高濃度に分布しています。

他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。

セロトニンが低下すると、これら2つのコントロールが不安定になりバランスを崩すことで、攻撃性が高まったり、不安やうつ・パニック障害などの精神症状を引き起こすといわれています。
近年、セロトニンの低下の原因に、女性ホルモンの分泌の減少が関係していることが判明し、更年期障害と関わりがあることが知られるようになりました。

ドパミン(どぱみん)/ ドーパミン / dopamine /:

神経伝達物質の一つで、快く感じる原因となる脳内報酬系の活性化において中心的な役割を果たしている。ドパミンは神経伝達物質のひとつで、カテコールアミンと呼ばれる種類に属します。アミノ酸のチロシンから酵素の働きによって合成されます。

ドパミンが働く主な神経経路には黒質線条体路・中脳辺縁系路・中脳皮質路の3つがあります。黒質線条体路はパーキンソン病と関連し、中脳辺縁系路と中脳皮質路は統合失調症と関連するとされています。

アルコールを飲むことによって快く感じるのは脳内の報酬系と呼ばれる神経系が活性化するためと考えられますが、この報酬系ではドパミンが中心的な役割を果たしています。アルコール・麻薬・覚せい剤などの依存を形成する薬物の多くはドパミンを活発にする作用があり、そのために報酬系が活性化するので、これらの薬物を使用すると快感をもたらすと考えられます。

引用終わり


新型コロナウイルスに怯えている今の我々には、神経伝達物質は無くてははならないものです。 太陽を浴び、適度な運動をするなどして、セロトニンを十分たくわえておけば、新型コロナウイルスに負けない体を作ることができる。しかも、メラトニンは老化を促す活性酸素も除去してくれるというから、アンチエイジングにもなるのです。

ストレスが強すぎたり、たまりすぎたり、長期間加わり続けると、ノルアドレナリンという交感神経の情報伝達に関与する神経伝達物質が過剰になります。セロトニンはノルアドレナリン神経の過興奮を抑え、脳全体のバランスを整える働きもしてくれるのです。

神経伝達物質を運びニューロンの働きを助ける重要な役割をはたすのがグリア細胞です。グリアがなければ、血液からあるいは中枢神経から、脳幹・大脳へ神経伝達物質の信号を伝える経路が閉ざされてしまいます。

グリアは蛸にも存在する原始の細胞です。ニューロンの電気信号としてとらえるAI技術の普及などの陰に隠れ注目されなかった分野です。近年fMRIやビデオ顕微鏡などの出現によりグリア細胞の実際の働きが可視化され急速に研究が進んでいます。新型コロナウイルスの実態はまだまだ未解明ですが、グリアの研究と結びつけば、解明されるチャンスが飛躍的に広がるでしょう。

そして、新型コロナウイルスが、季節的インフルエンザとは根本的に異なり、HIVと同様に神経経路や脳の働きに関与するウイルスであることが理解できるでしょう。

End—

 

 

世界に蔓延するワクチン開発の政治利用

wakuchin

上図の動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=QsdLxrLpLAM&t=101s

米国は大統領選挙を控えワクチン開発を急いでいる。ロシア、中国も覇権を争い友好国へのワクチンの優先供給を取引材料に使っている。英国、フランス、日本もコロナによる経済の激しい落ち込みをカバーするためこれに賭けている。

世界の製薬企業は政治圧力をかわしながらも、千載一遇のビジネスチャンスを逃すまいとずるかしこく立ち回っている。

一方、各国国民は藁をもつかむ思いで期待を膨らませている。こんな状況では、騙されても自業自得と云うほかない。(そうは云っておられない事情については末尾、過去の投稿を参照)


ところで選挙が年内だと噂されている中、与野党の対決がどうなるか気がかりだ。

野党は「消費税減税」を前面に出して闘う姿勢のようだ。しかし同時に、与党が「消費税減税」を言い出したらどうするのか?

自民党にはMMT論者が多数いる。苦し紛れで「消費税減税」を言い出す可能性は十分ある。現内閣の次の内閣なら公約としてこれを掲げる可能性はなおさらだ。

特に菅政権は「改革」の名のもとに超金融緩和を捨てきれず財政再建の意識は殆どない。「改革」=「規制緩和」=「QEの更なる促進」の方向が見えている。

「消費税減税」に拘るのは単なるポピュリズムではないか?

ポピュりズムならそれを道具として利用する術は政権側の方がはるかに長けている。


今野党が重点的に取り組むべきは「コロナ対策」だ。与党のコロナ対策は必ず失敗する。ワクチン依存で、有効なコロナ対策が見られないことが彼らの最大の弱点だ。

第3波は必ずやって来る。この冬が最大の脅威となり日本が死者激増のピンチを迎えるとワシントン大学医学部のIHME(保健指標評価研究所)予測している。特に北半球では日本が危ないと厳しい予測を発表している。

死者が激増し2021年の年初までに控えめに見ても10万人に及ぶとの驚異の予測だ。

同研究所は現在まで欧米の予測ではほぼ的中させている。

野党はこの辺の知見が乏しく、もっと勉強が必要だ。ワクチンの分類と特性、作用機序、開発の実情については殆ど無知だ。関心がないとしか思われない。


ワクチンに関する、判断基準を述べた過去の投稿を掲載しておく。

ワクチンに関する報道を見ると肝心な視点が抜けていることに気づく。

第一に、他の報道も含めどれを見ても、変異への対応についての記述が見受けられない。今や新型コロナウイルスは変異することが世界の専門家から多数報告されている。変異した場合そのワクチンは有効かどうか。また地域によって有効性が異ならないかなど無視できない重要な要件だ。

第二に、ADE(Antiboy Dependent Enhacemennt=抗体依存性感染増強)、要するに抗体が逆に病状を悪化させる事例が報告されているが、その危険性はないのか。これもワクチンの安全性を判断する重要な要件だ(ADEについては先の投稿でも説明している)。このような重要な条件を書き漏らしているのは故意か不作為かわからないが、この要件が漏れている報道は全く信用出来ない。


ワクチン開発者「自分だったら怖くて打ちたくない」

「ワクチンを打たないという選択肢もあると語るのは大阪大学微生物病研究所教授の松浦善治氏である。松浦氏はワクチン開発に携わっているが、自分だったら今の状況では怖くてとても打ちたいと思いません」と語る。なぜワクチン開発者が「ワクチンを打ちたくない」と言うのか。

 新型コロナワクチンの大きな特徴のひとつは、その種類の多さだ。不活化や生ワクチン、組み換えタンパクワクチンに加え、DNAやメッセンジャーRNAなど核酸を使った遺伝子ワクチンや、アデノウイルスなどほかのウイルスを運び屋にするウイルスベクターワクチンもある。ひとつの感染症に対してたくさんの種類のワクチンがあるという事態に、私たち人類は初めて直面することになる。もしも選べるとしたら、どのような視点でワクチンを選べばいいのだろうか。

  最前線の研究者たちの話を聞くうちに、ワクチンさえできれば流行が収束に向かうといった見通しの甘さに気づかされた。

以上、文芸春秋10月号より

(今回は連休につき繰り上げ投稿いたしました)